薄毛の原因とその対策

髪型やパーマも薄毛の原因になる?

あなたは髪に対する悩みがありますか。
中でも薄毛に悩んでいる人が多いのではないでしょうか。
実際にとある企業が頭皮に関するアンケートを行ったところ、15歳以上の男性では約4割、女性では2割の人が脱毛・薄毛に関する悩みを持っているそうです。男性においては若年層からの悩みも多く見られるそうです。
では、薄毛の原因とはそもそも何でしょうか。

 

男性の抜け毛の原因は男性ホルモン、遺伝、ストレス、食事や生活習慣の4つが多いといわれます。
男性ホルモンは頭皮に対して毛母血管を委縮させて髪の成長を妨げるため、遺伝は男性ホルモンの量、ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱し、血流が悪くなるため、そして不摂生な生活を送ると髪の毛の生成に必要な成分が摂取できないことが理由となります。

 

女性の場合は加齢現象、ホルモンバランス、ストレスからの抜け毛が多く、髪密度が20歳を越えると衰えること、女性ホルモンが崩れること、そして男性同様ストレスからの抜け毛も多くなります。

 

しかし、それ以外にも髪型やパーマがもとで、毛が薄くなってしまうという話をよく聞きます。事実かどうかを言えば、YESです。
パーマ液が強い薬品のため頭皮にダメージを与え、毛根を傷めてしまうため、毛が抜けることはよくあります。ブリーチも同様に肌を溶かすほどの薬を使われている事もあり、もちろん頭皮にいいはずがありません。

 

髪型も、いつも同じわけ目だと頭皮への紫外線などの刺激が一か所に集まることや
いつも同じ縛り方をすると毛根にも負担がかかるため、おすすめできません。
このようにケアの方法によっても抜け毛の原因となるのです。
あなたもケア一つで薄毛対策してみませんか。

薄毛の三大原因:生活習慣

薄毛が気になるのであれば、生活習慣を見直す必要があります。薄毛にとって生活習慣は大切です。髪の毛の発育を助けるような生活を送るほうがよいです。

 

健康的な食生活やキチンと睡眠をとること、適度な運動やストレスを溜めないことなどが必要になります。特に喫煙は悪影響を与えます。喫煙の習慣のある方は禁煙するとよいです。タバコには血管を萎縮させる作用があります。髪の毛を育てるためには、毛母細胞にたくさんの栄養を与えることが必要です。血流が悪くなると栄養が届けられなくなります。髪の毛が気になるのなら、タバコは控えたほうが賢明です。

 

毛母細胞にたくさんの栄養を与えることが必要ですから、食生活も大切です。髪の毛を作る材料となる食べ物をキチンととって、髪の栄養を確保しましょう。血行をよくすることも大切ですから、運動も効果的です。

 

適度な運動でストレスの解消や血行の促進、ホルモンバランスを整えたり、毛母細胞の活性化などの効果を得ることが出来ます。血行促進の意味では入浴はシャワーで済ませるよりも、湯船に浸かったほうが効果的です。洗髪は頭皮の環境を整えるために大切です。

 

就寝前に洗髪をして綺麗にしておくとよいです。洗髪後のドライヤーを敬遠される方もいますが、濡れたままでは雑菌が繁殖しやすくなりますし、血行が悪くなります。ドライヤーで適度に乾かすとよいです。髪の毛のためには十分な睡眠が必要です。質のよい睡眠を十分にとれるよう工夫をするとよいです。

更新履歴