アルコール

アルコール

アルコールが好きな人にはちょっとつらいかもしれません。アルコールも薄毛の原因の一つなのです。アルコールは昔から「百薬の長」と言われており、適度な量のアルコールは体に良く、全くアルコールを飲まない人に比べると、適度なお酒を飲む人の方が長生きをすると言われています。しかしその適度な量のアルコールを超えて飲んでしまうと、体に良くありません。

 

 

 

薄毛に関わらず、肝臓などの内臓系にとってもお酒の飲み過ぎは良くありません。ではなぜアルコールと髪の毛が関係するのでしょうか。アルコールが直接髪の毛に与える印象は大きくありません。お酒を飲むと肝臓に負担がかかりますよね。アルコールが体の中に入ってくると、このアルコールは水とアセトアルデヒドという成分に分解されます。

 

 

 

適度な量のアルコールであれば肝臓が処理することが出来るのですが、処理しきれなくなってしまうと、オーバーフローになってしまうのです。肝臓へのダメージが大きく、髪の毛を作る成分を失ってしまうのです。その結果、髪の毛に栄養が届かなくなってしまい、健康な髪の毛が生えてこなくなり、切れやすい髪の毛になってしまったり、細い髪の毛になってしまったりするのです。

 

 

 

社会人になると、どうしても断ることが出来ないお酒の席というものが必ずあります。そして沢山飲まなければいけない状況の時もあるかと思います。しかし適度な量にすることで、薄毛になることを防ぐことが出来るのです。これからお酒を飲む時には、少し気にかけてあげるようにしてください。