タバコと薄毛

タバコと薄毛

タバコは身体に有害なデメリットの塊です。しかし、世の中にはタバコが販売され、喫煙者も肩身が狭いながら喫煙を楽しんでいます。

 

そのタバコの影響は、神経を興奮させたり、血管の収縮を促したり、さまざまなガンを引き起こす原因になったり、ニコチンによる依存症になるなど、身体に良い事がありません。

 

頭皮や毛穴にとっても喫煙は良い事ではありません。神経を刺激する事で発汗作用が高まり、毛穴に皮脂が詰まったり、血管の収縮による発汗作用でも同じような症状が発生します。

 

 

 

また、喫煙は、人間に必要な栄養素も吸収してしまうので、髪を作るための栄養も奪われてしまいます。一酸化炭素による中毒症状も問題です。

 

酸素が体に行きわたらないので、頭皮にも酸素不足が発生、頭皮の毛細血管に血液が行きわたらない事で、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

 

 

 

禁煙は、ニコチン依存症になっている状態なので、とても大変な事ですが、最近では色々な禁煙グッズが販売され、効果を実感している人も大勢います。

 

個人差がありますが、ある程度の効果はあるのは確かです。禁煙をするのは、本人の意志であり、禁煙グッズに頼るだけでは、絶対に禁煙をする事はできません。

 

 

 

ニコチンを身体に取り入れる行為ではなく、そのニコチンの摂取と喫煙の行為自体が禁煙の妨げになっていると考えられます。

 

タバコに火をつけてその煙と香りを楽しみ、タバコの味も楽しんでいる訳ですから無理もありませんが、喫煙者は、非喫煙者に比べて病気の発生リスクも高いのも事実です。

 

これを期に禁煙をしようと決心してみませんか。禁煙は治療する事も可能です。保険も適用されますし、専門医の指導なので安心ですよね。