ストレスと薄毛

ストレスと薄毛

ストレスと薄毛の関係は、昔からの言い伝えられていますよね。ストレスは、誰にでも起こる症状ですが、そのストレスを発散させる事が上手下手で頭皮にも影響が出ます。

 

ストレスとは、仕事や家事などの様々な人間が生きる上で必ず深刻な問題です。

 

ストレスが蓄積すると、体内にあるTリンパ球が毛母細胞を異物をして認識してしまい、毛母細胞を損傷させて脱毛させていると考えられていますし、ストレスを感じると、首の後ろにある僧帽筋が緊張して血行不良を起こします。

 

 

 

その結果、毛髪を生み出す毛包の周囲の末梢神経に異常が出て毛髪の成長がストップしてしまう事も考えられます。

 

ストレスによる病気として、円形脱毛症があります。その名の通り、円形に脱毛してしまう事です。

 

 

 

治療を行えば、6か月から12か月程度で治療が可能ですが、改善しない場合は、生活面が原因であると考えられますので、生活環境の見直しや改善が必要になるでしょう。

 

円形脱毛症の症状は、単発型、多発型、多発融合型、蛇行型、全頭型、びまん型、反発型などがあり、急に抜け毛が多くなり、ある箇所を中心に少しはげてきているのが確認できます。

 

 

 

そうなってしまうと、進行を止めるのは不可能です。すぐに医師の診断を受けて正しい治療を受けましょう。日ごろのストレス解消も大切です。

 

休める時間が少しでもあれば、音楽でも聞きながらリラックスしたり、エステなどで体と頭部マッサージを受けるのもおすすめです。

 

そして美味しい物を食べて満足する事でストレスを少しでも軽減しましょう。もちろん、睡眠をしっかりとって、規則正しい生活をするのが前提ですよ。