タバコ

タバコ

タバコは薄毛に良くないと昔から言われていますよね。タバコは薄毛だけでなく体にも良くありません。お酒は適量であれば体に良いのに対し、百害あって一利なしなのです。なぜタバコが薄毛に悪いのでしょうか。その理由は簡単なのです。抜け毛や切れ毛を促進してしまい、結果薄毛となってしまうのです。

 

 

 

タバコを吸うと、血液が収縮してしまいます。血液が収縮するとどうなってしまうのでしょうか。血液が収縮すると血行が悪くなります。つまり食事などから体内に入った栄養分が体内に運ばれなくなってしまうのです。老廃物も排泄されなくなり、体内に残ってしまうのです。髪の毛も栄養分を吸収して丈夫な髪の毛に育っていくのです。

 

 

 

血行が悪いと髪の毛まで栄養分が届かなくなってしまい、人間が生きるために必要な箇所から栄養分は取られてしまい、髪の毛など重要度が低い個所は後回しになってしまうのです。つまり、タバコを吸うと髪の毛に栄養分が行きわたらず、不健康な髪の毛になってしまうのです。だからといって、タバコを吸うのを辞めればすぐに髪の毛が抜けなくなるのか?というとそうではありません。しかし、不健康だった体が健康な体になっていくことは確かなのです。

 

 

 

タバコは健康に何も良いメリットをもたらしません。今では禁煙治療といった保険適用の治療もありますので、薄毛で気にしている人は、この際に禁煙してみてはいかがでしょうか。タバコを吸うと寿命も短くなると言われていますので、薄毛で悩むより以前に命が短くなると思えば、簡単に辞められるかもしれませんよ。