薄毛対策の為に知っておきたい事:発毛と育毛の違い

薄毛対策の為に知っておきたい事:発毛と育毛の違い

どちらも薄毛対策であることに違いはありませんが、その中身は全く異なります。簡単に言うと、発毛とは毛髪ゼロの毛穴から新たな髪の毛を生やすこと、育毛とはすでに生えている髪を太く長くして抜けないようにすること、です。

 

 

 

育毛は、まだ髪の毛はあるけれど、最近抜け毛が気になってきた、何となく髪が弱くなってきた気がする、今ある髪を守りたい、そんな人にお勧めの薄毛対策です。方法としては、専用の薬剤、シャンプー、サプリメントを使う、髪の毛によい食生活、規則正しい生活を送る、サロンで頭皮ケアを行う、頭髪専門の病院やクリニックで治療を受ける、などがあります。

 

 

 

髪の毛を作る毛根部に刺激や栄養を与えることによって、髪を丈夫にしたり抜け毛を防止したりすることが主な目的となります。

 

 

 

発毛は、頭皮の状態を改善し、髪の毛を作らなくなった毛穴を復活させる、効けば効果の高い薄毛対策です。効けばと断ったのは、髪の毛が失われた原因はさまざまであり、なぜなくなったのかを正しくつきとめた上で、個別の原因に合った方法をとらないと効果が期待できないからです。AGA、男性型脱毛症にはリアップ、プロペシアといった有効な薬剤があります。

 

 

 

老人性脱毛症は加齢が原因なので、根本的な治癒より、発毛をサポートするやり方、スカルプケアや生活習慣の改善などで脱毛の進行を遅らせることに主眼を置いた方がいいです。円形脱毛症ならストレスが原因なので、ストレス解消法を見つけることが一番です。脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症なら、頭皮や髪を常に清潔に保つことで改善が見込めます。