薄毛対策の為に知っておきたい事:発毛剤・育毛剤の違いとは何か

薄毛対策の為に知っておきたい事:発毛剤・育毛剤の違いとは何か

人間はある年齢になると薄毛になる傾向にあります。男性の場合では30代の半ばから髪に関するトラブルが発生し易くなると言われており、女性の場合では50代以降に多く見られることとされています。

 

渋谷 美容室

 

加齢によって薄毛に至るまでには、各々異なる部分でもありますが、多くの場合で髪質に変化が表れます。具体的には髪の毛が以前よりも細くなってしまったり、ハリやコシなどが無くなり、髪全体のボリュームが少なくなることが良く起きる傾向です。

 

 

 

その後は薄毛にまで発展することもありますが、薄毛の状態でも少々具合の違いがあります。それは、男性の場合では前髪から頭頂部に掛けて薄くなる傾向が強くあり、女性の場合では頭頂部付近の髪の毛が薄くなる傾向があります。どちらの場合でも、出来るだけ早期に薄毛対策を練る必要もあります。対策としては、育毛剤と発毛剤の使用に分けることができます。

 

 

 

育毛剤の場合では、現在残っている髪の毛に対して効果があるものとされています。具体的には生えている髪の成長を助け、尚且つ頭皮を健やかに保つために、太くハリのある髪へと変化させる効果があるというものです。そのため抜け落ちてしまった髪の部分に対しては、発毛の効果は殆ど望むことはできません。育毛剤の使用方法としては、将来的な抜け毛予防や髪の毛を保持するために使用することが一般的です。

 

 

 

発毛剤では、既に抜け落ちた頭皮の部分に対して効果を発揮するもので、使用することによって再び髪の毛が生えてくるという効果のあるものをいいます。どちらも薄毛対策としては有効的なものなので、自身の髪の状態に合わせて選択することが良い方法となります。