薄毛対策としての洗髪方法

薄毛対策としての洗髪方法

薄毛対策として、毎日の洗髪方法は大切です。正しく洗えていないと薄毛対策どこから薄毛を悪化させてしまいます。キチンと毎日正しく洗えるように、正しい洗い方を覚えておくとよいです。正しい洗い方としては、まずはブラッシングをします。

 

 

 

髪の毛が絡まった状態で洗うと髪の毛を傷めてしまいます。それに、ブラッシングをすることである程度の汚れを落としたり、浮かせたりすることができます。髪を洗うときには、まずは予洗いを十分にしましょう。お湯で髪や頭皮をすすぐことで、ある程度の汚れを落とすことができます。

 

 

 

ある程度の汚れをシャンプー前に落とすことで、少量のシャンプー剤でも良く泡立つので髪に負担をかけずに洗うことができます。シャンプーは手の上で泡立ててから頭に乗せます。地肌を洗うイメージで優しく洗いましょう。爪を立てたり、こすったりしないように洗うとよいです。

 

 

 

洗い終わったら、しっかりとすすぎましょう。すすぎ残しがあると汚れとなり、地肌の炎症や湿疹の原因になります。リンスやトリートメント、コンディショナーを使うときにも、しっかりとすすぐことが大切です。説明書をよく読んで正しく使いましょう。

 

 

 

地肌につけないほうが良いタイプは地肌に残さないように使うと良いです。髪の毛が濡れた状態が長く続くと雑菌が繁殖しやすくなりますし、血行も悪くなり髪の毛によくありません。しっかりとタオルドライをしたあとにドライヤーで手早く乾かしましょう。

 

大阪で縮毛矯正するならFARO